歯が汚れやすい食べ物と注意点

どのような食べ物が色が付きやすい食べ物なのでしょうか?

 

 笑った時に白い歯が見えると素敵ですよね。歯が黄色いと老けて見られてしまいます。なので、歯に気を使っている方は多いのではないのでしょうか?よく「色の濃い食べ物は歯に色が付く」と言われます。色の濃い食べ物は歯に色が付きやすいので、歯の白さを保つには避けた方が良いです。

 

 

 

歯が汚れやすい食べ物と注意点
どのような食べ物が色が付きやすい食べ物なのでしょうか?

 

 

・ソース
・カレー
・チョコレート
・ケチャップ、飴
・ブルーベリー
・クランベリー

 

 やはり色の濃い食べ物には注意が必要です。お菓子など、舌に色が着く食べ物には特に注意するようにしましょう。色の濃いベリー系にも気を付けてください。ブルーベリーなどではなく、白ブドウのような色の薄いフルーツを選びましょう。
その他、原因の多くは飲み物と言われています。

 

歯が汚れやすい食べ物と注意点

・緑茶
・コーヒー
・紅茶
・赤ワイン
・スポーツドリンク

特に紅茶や緑茶、コーヒーに含まれている色素はたばこのヤニ(ニコチン)同様、色が残りやすいので、こまめなケアが必要になってきます。
 コーヒーや紅茶は毎日飲む習慣がついている人が多いと思います。このような色のついた飲み物はたんぱく質と結合して葉の表面に沈着し、ステインという黄ばみの原因になるものが含まれています。
ですが、色の濃い食べ物はおいしいものが多いですよね。これらを控えセーブすると幸福度が下がってしまい、ストレスに繋がります。では、どのような対策を取れば白い歯を維持しつつ食事を楽しむ事ができるのでしょうか?

 

ステインによる着色汚れを防ぐ方法とは?

 

 

歯が汚れやすい食べ物と注意点
 汚れを洗い流すために、水と交互に口に入れるようにしましょう。歯が乾いた状態だと、汚れがつきやすくなるためです。また、食べる前後に口をすすいでおくと口内が潤い色素の沈着を防ぐことができます。また、上記に挙げた飲み物を口に含んでから飲み込むまでに時間をかけてしまうと、歯に色素が沈着しやすくなります。ストローを使用し、飲み物が歯に当たらないよう飲むのも効果的です。汚れは時間がたつにつれ歯に染み込んでいきます。食後は歯を磨くように習慣付け、時間が無い時でもうがいをするようにしましょう。うがいだけでも汚れはある程度落ちます。
 歯磨きの時にゴシゴシ力強く磨いていませんか?これは絶対に避けるべきです。強くこすってしまうと歯のエナメル質が薄くなってしまい、余計に歯が黄色く見えてしまいます。歯が硬いものは避け、柔らかいもので時間をかけて磨くように心がけましょう。
 食事中に気を付けるだけでそれ以外は、まったく難しくはないですよね。簡単な方法で歯の白さは維持できます。今日から実践してみてください。

この2つも重要!