歯石 原因

歯石が出来てしまう原因って何?

 

歯石とは歯の上にできる固い沈着物をいいます。この歯石はカルシウムが歯垢と混ざる事で最近が死滅し、石灰化した物質なので病原性はありません。ですが、歯の表面は非常に凸凹しており細菌の住みかになりやすく、歯周病の原因になります。注意したいのが歯茎の中にある歯石は歯周病を悪化させてしまい人からも嫌われてしまう強烈な口臭を引き起こします。
口臭の原因の9割はこれが原因といわれています。歯石のメカニズムを知り、気づかないうちに進行してしまう口内の病気を予防するように心がけなくてはいけません。

 

歯石の原因は食べかす?

 

 この歯石は何故できるのでしょうか?口の中の細菌に食ベカスがつき歯垢となります。歯垢と唾液の中に含まれるカルシウムや血中のカルシウムが混ざり48時間は急激に増加し続け、その後3日〜5日で歯垢はバイキンのかたまりとなります。このバイキンに口の中のカルシウムが付着と歯石となるのです。ハッキリとしていませんが、おおよそ1ヵ月で硬くなると言われています。

 

 

歯石が出来てしまう原因って何?
 歯石には様々な種類があり、歯茎の見えるところにつく歯石を「歯肉縁上歯石」といい、白っぽい色からたばこのヤニなどで褐色にそまったように見えるものまであります。歯茎よりも下に出来るのが「歯肉縁下歯石」といい、歯と歯茎の境目から1mm〜3mm(健康な場合)の溝があり、その底で歯とくっついてしまいます。これが悪化すると「歯周ポケット」と呼ばれるものとなります。色は黒く歯石よりも固く歯にくっついており、毒素を発し炎症をおこして口臭の原因になってきます。

 

 

 このバイキンが作り出す毒素を防ぐために歯石は取る必要があるのです。特に「歯肉縁下歯石」は、毒素が葉の付け根にしみこんでそこに接する歯茎が炎症を起こしてしまいまい、更にバイキンを溜めやすくしてしまうのです。そしてまた歯石をつくり・・・と悪循環を起こします。歯石に付着した歯垢は歯石の細かい隙間に入り込んでしまうため、歯磨きでは落としにくくなります。このまま放置していると、やがて歯肉炎、歯周炎(歯槽膿漏)と悪化していくのです。

 

 

 歯石は歯垢と違い硬いので、セルフケアで除去する事は困難です。ですので、歯垢を溜めないようにする為に食事後はこまめに歯磨きをおこなうようにしましょう。歯ブラシでは除去しきれないぶんは最低でも半年に一回、できれば2,3カ月に一回は歯医者へ定期健診に行き歯石が着いていないか、着いている場合は歯垢、歯石をとってもらう必要があります。歯周病予防には非常に大切なことなのです。

この2つも重要!